コンサルタント

現在はハワイでの個別相談と日本からのLINE電話を使用してのコンサルティングを行っております。

おそらく不動産投資コンサルタントをしている人でしっかり独自のテキストを作成している人は私だけだと思います。
(大抵はダラダラ話すだけです笑笑)

☆ハワイでの個別相談
2時間 600ドル(LEE式不動産投資テキスト代込み)

☆日本からのLINEコンサルタント
2時間 6万円 (LEE式不動産投資テキスト代込み)
メール頂ければ振込先を指定致します。

*前日の急な予約でも対応できます。

ブログメインページの左上にある三本線のメニューマークをクリックしていただくと「問い合わせ」ボタンがありますので、そちらからメールして下さい。

『LEE式不動産投資テキスト』
の目次を紹介します。

【不動産投資を選んだ理由】
【15ヶ月でリタイア】
【不動産投資で成功する為の2つの指標】

【物件の探し方 川上物件よりもお宝物件】
【金融機関にする3つの質問】
【本当に自己資金は必要ないのか】
【最後はやはり現地調査で決める】
【リタイアまでに購入した2棟を紹介】
【満室経営の為に心掛けているたった2つのこと】
【値段が下がっでも気にならない投資が私には合っている】
【最大のリスクヘッジ】
【最速でリタイアするには木造よりRC】
【実際にはいくら儲かるのか】
【都心と地方どちらを買うべきか】

【投資で失敗する人の共通点】
【まとめ】

🌟テキストを一部抜粋
現在の私の所有物件は3棟84室で年間家賃収入は約6000万円です。
しかし不動産投資の勉強を始めてから1年位は全く融資が通らず物件を購入することが出来ませんでした。
今から考えると当然です、積算価格という言葉さえも知りませんでしたし適当に利回りだけで物件を選んで金融機関に持ち込んでいたわけですから。
しかし、いろいろ不動産投資で成功している人達のやり方を研究していくうちに、ほぼ同じ計算式を使っている事に気付いたのです。
成功者達の使用している数値は全く同じではないにしろ使っている数値は誤差の範囲程度でした。
例えば空室率は10%〜20%を使っている人が多く、固定資産税を含めた経費率は20%〜30%を使っている人がほとんどでした。
ですからその平均値を導き出せば成功への再現性が高い指標ができるのではないかと考えたわけです。
そして実際にその指標が出来上がってからはスムーズに金融機関からフルローンを受けて物件を購入することができ15ヶ月でリタイアすることができました。
その時の私の年齢は39歳でした。
(LEE式不動産投資テキストより)