外出規制?実は物件を買うプロセスの90%は自宅にこもってやれることなんです。

もうすぐ日本でも外出規制となりそうですね。

こんな時こそ自己投資をして勉強しましょう。

また、勉強だけではなく、実際に物件を探してみましょう。

実は物件を買うまでのプロセスの90%は自宅で完結できることなんです。

物件をネットで探す

ネットで見つけた物件の資料を不動産屋にメールで送ってもらう

資料をもとに(LEE式不動産投資法の計算式など)計算して利益が出る物件なのか等を計算する

Googleマップなどを使って物件や周りの雰囲気を見る

銀行にメールやファックスなどを使って物件資料や個人の属性資料などを送る

物件のある地域の不動産屋に電話でヒアリングする

などなど

ほとんどが自宅から出ずに電話とメールだけで済んでしまいます。

自宅を出るのは90%買うと決まった時に最後の最後に現地に向かう時だけです。

私は東京に一棟と地方に二棟の三棟を所有していますが、実際に物件を見に行ったのは5〜6回程度です。

しかも地方の物件に至っては購入した物件しか見に行ったことはありません笑。

それくらい不動産投資は家から出ずにやれるものなんです。

もちろん現地調査を軽視しているわけではありません。

私のLEE式不動産投資テキストを読んでもらえればわかりますが最後の最後に現地でやることをしっかり指示しています。

しかし、数字上合わない物件を時間や交通費や労力を使って見に行くことは意味がありません。

皆さん自宅にこもって不動産投資をしてみませんか?

『たった5ステップで1%の買うべき物件と99%の買ってはいけない物件がわかる』

ABOUTこの記事をかいた人

TOSHIYUKI ”SAM” LEE

1971年大阪生まれ。18歳から東京の大学に進学し卒業後、柔道整復師の夜間の専門学校に3年間通う。国家資格を取得後26歳で東京に整骨院を開業。 38歳の時にハワイに移住するにはどうすれば良いかと試行錯誤し不動産投資と出会う。その後39歳でリタイアし42歳でハワイに家族と移住する。 年間300日はサーフィンをする。